新大阪法務司法書士事務所
 

債務整理のデメリットを挙げるとしたら、クレジットカードを作れなくなる、というのが一番身近なデメリットでしょうか。

確かに、債務整理の期間中は、クレジットカードを作ることはできません。しかし、5年から10年過ぎれば、クレジットカードを作ることはできます。

とはいうものの、債務整理の期間中カードを作れないのは、カード会社の立場からすれば当然のことといえます。

クレジットカードは、カード会社があなたの代わりにお金を支払ってくれるもの。しかし、それはあなたが間違いなく、立て替えたお金を払ってくれる、という信頼の上に成り立っている関係。

なので、借金の返済の手続きをしている状態で、新たにお金を立て替えて払う、というのはリスクがあるので、できないですよね。


しかし、先程も書いたように、5年から10年という期間が過ぎれば、クレジットカードを作ることは可能なんです。

その5年から10年という期間の違いは、選んだ債務整理の種類の違いです。

債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産という3つの種類があります。

任意整理の場合は5年、個人再生や自己破産の場合は5年から10年、借り入れができないようです。


クレジットカード会社が、カードを作成する際の流れは以下の通りです。

クレジットカード会社にカードの作成依頼がくると、信用情報機関に名前が載ってないか、確認をします。

そこに名前が載っていると、リスクが高いと判断され、カードの作成を断り、名前が載っていなければカードの作成に移る、そういう流れになっています。

先程書いた、クレジットカードを作れない期間というのは、その信用情報機関に名前が載っている期間のことなんです。

ですから、いわゆるブラックリストともいわれる、信用情報機関から名前が消えれば、クレジットカードを作ることができる、そういうわけです。



 


弁護士ナビ
 

 
プロフィール

発達障害の子どもがいる中、なんとか生活していっています。
借金はせずにいけていますが、いつ借金してもおかしくない、綱渡り状態。
​なので、万一、そういった場合になっても、困ることのないように作ったサイトです。